Youtuberラファエル騒動から管理職が学ぶ事。

  • By:
  • カテゴリー: 課長
課長

ども。雇われ課長です。

先日YoutuberのラファエルさんのチャンネルがBAN(アカウント停止)されました。

細かい経緯はニュースの通りですが、Youtuber界隈ではアカウントごとBANは異例で、衝撃的のようです。

ネットの不確かな情報ではありますが、ラファエルさんの昨年の動画収益は4億再生、0.1円/1視聴換算でも4,000万の収益といわれています。

動画は過去動画も再生されますので、チャンネルごと停止されるということは、

これからの期待収益も根こそぎ奪われる事と同意です。

今回書きたい内容は、Youtubeの人物を知らない、普段見ない人にでも分かる内容ですので、

騒動自体は雰囲気だけ分かってもらえれば良いです。

 

私たちサラリーマンは普段仕事をする中で、小さいコミュニティの中で生きています。

同じ人間に毎日のように接する事で、お互いの性格を知り、認め合い、時に競い合い、いがみ合う事もあります。

付き合いの年月が長ければ長いほど、人間関係は強固になると思われがちですが、私はそう思いません。

結局は収入を得る為の手段としての「仕事」です。合わない人間とはいつまで経っても分かり合えません。

それはしょうがない事です。

例えば私が、不可抗力で会社の利益に大きな損害の出るようなトラブルを引き起こしてしまったり、

社内外のトラブルに巻き込まれて、課長職の退任を迫られた時、最悪の場合懲戒解雇されそうになった時、

普段接している上司、部下は

私を信じて助けてくれるでしょうか?

何とかしようと、行動を起こしてくれるでしょうか?

 

絶対無い!泣

 

みんな飛び火を恐れ、関わりたいとも思わないでしょうね。笑

別に私が信頼されていないとかいう事ではなく、これが現実です。

むしろその程度の人間関係の方が、仕事は円滑に回るからしょうがいない。

なんだかんだ言いながら収入を得る為にやっている仕事に対し、余計なリスクを背負う必要はありません。

でもいざ窮地に立った時にはきっと、人間の弱さが出てしまう気がします。

特に自分が原因では無いトラブルに巻き込まれたり、

周りの人間の行動が原因になりその管理者責任を問われるような事があった時は、

冷静な精神状態でいれる自信は無いですね。目元ヒクヒクしちゃう。

 

この騒動が起きて2日程度で、ラファエルさんと親交のある大物Youtuberがこぞって動画を上げています。

 

煽り、冗談を交えながらも、

概要欄にはラファエル新チャンネルの登録を促す案内が出ています。

「助けたい」「応援したい」「何か出来る事があればしたい」「協力してほしい」

というメッセージが伝わってきます。

しかも彼らは出会ってそれほど経っていないと推測します。長くて3,4年では?

見る側の私でも、ラファエルの人間力の高さが分かりますし、

短期間でお互いの利害関係を一致させ、切磋琢磨し合い、これだけ強固な人間関係を造り上げている事は尊敬に値します。

ネタだとしても、壮大な茶番だとしても、

 

すてきやん・・・

 

Youtuberだって立派な社会人ですし、我々サラリーマンと同じで、収入の手段としてYoutuberをやっています。

収入のレベルこそ桁が違いますが、その手段が絶たれる事の重大さを感じ取って、

素早くフォローを入れ、協力して何とかしようとする雰囲気は、

社会人としても、管理職としても、学ぶべき理想の人間関係ではないかと思います。

 

私は文字通り「雇われ課長」ですし、BANされるような攻めた行動はしませんが、

自分が窮地に立った時、周りの人間に真剣な顔で、

「自分に何かできる事ないですか?普段の恩返しで助けたいです!」

って言われるような、上司であり、人間でなければいけないなあと感じました。

そのためには付き合いの長さ関係無く、同じ方向を向いた、短く濃い関係性を築いていかなくてはなりませんね。

 

 

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 課長(課長クラス)へ
にほんブログ村
⬆︎愛のクリックでBAN回避(遅い)

課長
「口ほどにもない」は損

ども。雇われ課長です。 サラリーマン生活を通じて、沢山の人間と出会ってきました、 人それぞれなので、 …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …

課長
雇われ課長の結論。サラリーマンに人脈は不要。

ども。雇われ課長です。 本日はサラリーマンの人脈について考えてみました。 雇われ課長的な結論から言う …