海外旅行へ行くB型慢性肝炎患者が準備する物。

慢性B型肝炎

海外旅行についてです。

私は人一倍心配性なのと、海外旅行経験の無さから
海外へ旅行に行く際は、ネットで情報を調べまくり、
「持っていく物リスト」を作ってしまうくらいの奴です。

その中でも重要視したのは、
B型慢性肝炎患者にとっては生命線となる「薬」。
海外で簡単に手に入るとは思えません。
必ず持っていかなければなりません。

空港ではテロ対策等で手荷物検査は大変厳しくなっています。
一般的にみたら「市販薬とは明らかに違う、わけのわからん薬」を持っていくわけですから、
それなりの対策が必要と思いました。
海外へ行かれる患者様の参考になればと思います。

私は過去「ハワイ」「タイ」に旅行で行きました。
結論から言うと
全然心配ナシ
です。

患者の皆さん、この2国に関しては、安心して旅立ってください。
私が自らの旅行で証明しました。

しかしながらネットの情報といったら
「海外でB型肝炎に感染しないためには」とか
「心配なら予防するワクチンを打て」とか

みたいな「健康な人」向けの情報しかありませんでした。

だから私が発信します。

正確に言うと、
「何があっても大丈夫なように準備した上で、全然心配なし」です。

下記に準備を書いておきます。
実際に私がやった方法です。

①機内持ち込み➕スーツケース内に「病名の英訳」を書いた紙を入れておく

B型慢性肝炎の英訳は

chronic hepatitis type B

です。手荷物、スーツケース、旅行先で持ち出すバッグ等全てに、
上の単語を書いた紙を入れておきましょう。

②薬の英訳説明書を添えておく
B型慢性肝炎に限らず、「薬」を機内に持ち込む際は、
手荷物検査にかかる可能性があるそうです。
その場合を想定しての準備です。
下記サイトにて英訳の薬の説明書がゲットできます。

例)バラクルードの場合
くすりのしおり
検索欄に自分が飲んでいる薬の名前(商品名が2つある場合があるので、お薬手帳を参照)を入力してエンター

「英語版あり」をクリック

 

 

「Print」をクリック

画面に表示されたら
「Ctrl +P」で印刷メニューになります。
自宅にプリンターが無い場合は、ファイル保存して、
コンビニのネットプリントサービスを利用してください。

セブンイレブン ネットプリント

ファミリーマート ローソン ネットプリント

私は手荷物検査で説明なんか無理だと思ったので、
機内へは持ち込まずに、スーツケースに入れておきました。
ピルケースを100円ショップの小さいケースに入れて、それに①、②を添えたような感じです。
正直お守り程度です。
スーツケースを取り違われるとか、盗難されるという心配をする方にはオススメしませんが、スーツケース自体がチェックを受ける事はありませんでしたので、それほど心配する必要はないでしょう。

ネットで調べていると、国によっては開けられたりとかもあるようなので、

国によっては調べた方が良いかもですね。

「英語による診断書」が必要との情報もありましたが、
主治医に発行してもらう必要があるので、時間もかかり面倒です。
事前に準備できる方は、間違い無いと思いますが、
私は上記①、②があれば、ほぼ心配ないと思っています。

なんだかんだで一番重要なのは、
薬そのものを忘れない。
薬を飲む事を忘れない。
旅行先で無くさない。

です。
旅行日数プラス1週間分持参すると良いでしょう。

 

それでは快適な旅行を楽しんでください!

慢性B型肝炎
B型慢性肝炎患者から見る恋愛問題

ども。雇われ課長です。 私のブログは普段どんな方が見てくれているのでしょうか? 課長、病気、投資を柱 …

ファイナンシャルプランニング
セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 2ー

ども。雇われ課長です。 前回に引き続き、「医療保険」について考えます。 繰り返しになりますが、私は現 …

ファイナンシャルプランニング
セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 1ー

ども。雇われ課長です。 本日は保険に関してです。私なりの計算に基づく結果で、偏った考えなので、 参考 …