雇われ課長が働き方改革を考える 其の二

  • By:
  • カテゴリー: 課長
課長

ども。雇われ課長です。

前回の分だけで話し足りず、またまた「働き方改革」です。

私は管理職として、経営者と労働者の間にサンドイッチ状態の立場です。(もちろん私も労働者です)

働き方改革に対する意識の温度差がなかなか埋まらず、日々悩んでおります。

 

私の会社を例に挙げてみました。

経営者目線と労働者目線で分けると、これだけのギャップが生まれています。

<経営者>

労働基準法を遵守した社員の賃金(今まで未払いだった残業代等)の予算確保したよ。でも法廷残業分だけだよ。今までのバカみたいな残業はダメ!意識改革して残業減らせ!

あ。ノルマは達成しないと評価下がるぞ。

<労働者>

そもそも時間内で業務終わらないんですけど!精神論で解決するレベルじゃないから金で解決してくれ!

でもそれをまともにやったら会社潰れる。ノルマ達成しないと給料下がるし、しょうがないから忖度して時間調整しますわ。(諦め)

 

<経営者>

業務を効率化する為に設備投資したぞ!

このシステムでこれから管理するから、顧客情報、取引情報、発注ぜーんぶデータ化しろ!ぜーんぶだぞ!

業務を効率化させるのだ!短期的には大変だけど5年後は楽になるぞきっと!

<労働者>

うっわ。何このゴミシステム。使えなすぎだろ・・え。何?これわざと仕事増やしてない?

作る人間が現場のこと何も分かってない。現場の意見聞いてくれれば・・・

まあ文句言っても変わらないし、我慢して使いますわ。はいはい頑張りまーす(諦め)

 

<経営者>

業務負担を減らす為に人件費にも投資したぞ!人件費増えた分しっかり稼げよ!ちゃんと育てろよ!

人手の確保大変だから辞めさすなよ!

<労働者>

こないだ中途入社した人速攻で辞めちゃったね。賃金のわりに仕事きつかったらしいよ。

新人は辞めさせない為に甘やかし過ぎて全然育ちませんわ。

まあそんな簡単に育たないからしょうがないよね。我慢して頑張りましょう(諦め)

 

<経営者>

顧客や取引先への理解は呼びかけていくしかないね。重要顧客の社長には話しておくから。

しっかり各セクションで考えて行動して!客も時代に合わせて我々が教育していくのだ!

<労働者>

顧客の末端責任者「いやいや無理っしょ?ちゃんとこれまで通り時間外も直電対応してね!高い金払ってるんだから」

顧客の末端社員「俺らは働き方改革なんぞ関係ありませんわ。今まで通り対応してねん。」

だそうです。まあユーザーからしたら知ったこっちゃ無いですよね。まあ今まで通り頑張りますわ。(諦め)

 

火傷しそうな温度差です。

いくら中間管理職といえども、これだけの温度差はなかなか埋められませんよ。

経営者が間違ったこと言ってるとは思いません。ただ、もう少し現実を見て欲しい気がします。

意識改革は確かに重要です。でも出来ないのには訳があります。

結局のところ、消費者の意識改革ですよ。消費者の。

ここが変わる必要があるとしたら、ちょっと長めの時間が必要そうです。

消費者の意識はいきなりは変えられませんからね。

前回の例でいうとATM止まったら怒るでしょ?メインバンク変えるぞゴルア!でしょ?

でも消費者は何も悪くないです。より便利な方を選んでるだけ。

今の時代、この会社じゃないと絶対ダメって企業はどんどん減ってきてると思うんです。

働く環境を整備する企業の隙をついて、それにつけ込んで来るフットワークの軽い企業は脅威です。

市場を荒らそうとする競合はどの業界もたくさんいます。

 

私の会社はBtoBのビジネスです。どちらかというとBtoCの方が意識改革も働き方改革も実現可能性が高いと考えます。

理解を得るのが消費者だけだからです。BtoBは顧客→エンドユーザーまで理解が必要であり、それは遠い道のりです。

まずは消費者の意識が変わり、その商品、サービスを提供する会社が変わり、

その後我々のような会社が変わるという流れが自然でしょうね。(C→B→B)

もちろん逆にこちらから変えていく事も可能です(B→B→C)。競合を恐れないなら。

 

多くの企業はこのついでに「生産性」を上げたいのも事実です。

よく「生産性」を上げる事で「働き方改革」が実現するみたいなのを耳にします。

管理職としても生産性向上は納得出来ます。無駄を一気に蹴散らすチャンスという想いもあります。

一人当たりの売上を上げる事は、会社の売上にとってインパクト大です。

なのでこの改革を表向きにはポジティブに受け止め、課員への意識改革は続けます。

でも「生産性」の向上は「働き方改革」には必ずしも直結しないと考えます。

温度差が異常だからです。

 

あくまで私の会社の一例ですので、悩んでる中間管理職の方の共感がちょっとだけ得られれば良いっす。

 

という事で働き方改革に失敗したとしても、中間管理職に当たり散らすのやめてちょ。

 

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 課長(課長クラス)へ
にほんブログ村
愛のクリックおねがします。

課長
「口ほどにもない」は損

ども。雇われ課長です。 サラリーマン生活を通じて、沢山の人間と出会ってきました、 人それぞれなので、 …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …

課長
雇われ課長の結論。サラリーマンに人脈は不要。

ども。雇われ課長です。 本日はサラリーマンの人脈について考えてみました。 雇われ課長的な結論から言う …