セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 1ー

ファイナンシャルプランニング

ども。雇われ課長です。

本日は保険に関してです。私なりの計算に基づく結果で、偏った考えなので、

参考程度でお願いします。

 

私はB型慢性肝炎という持病持ちですので、そもそも入れる保険も、金額も、健康な人とは違います。

機会があったら保険会社の比較をしてみたいと思っていますが、

そもそも根本的な必要性を考える必要があります。

 

保険の基礎は「何かあった時の備え」です。

今回はその「何か」に焦点を絞り、持病持ちの私にとって必要かを考えます。

「何か」の最悪パターンを考えると、やはり「癌」ではないでしょうか?

 

今回は、私が仮にになった時、治療費がいくらかかるか調べてみました。

厚生労働省 医療給付実態調査(平成27年)から引用

今の病状から考えて、私が一番近いのは「肝がん」だと思います。

自己負担は3割の¥188,287です。治療を行い、この金額を一旦支払ったと仮定してみます。

病状により、この金額に差が出るのは承知していますが、

判断材料の一つとして使います。

 

考えるべきポイントは、

国の制度によって、いくら戻ってくるのか?です。

現在の制度は2つあります。

極力簡単に言うと、

・1ヶ月の支払いが上限額を超えた場合に、超えた金額を支給する高額医療費制度

・年間の支払いが10万を超えた場合に、所得から差し引く医療費控除

です。以下協会けんぽの資料より抜粋しました。

癌のような高額な医療費を支払った場合、この2つに該当しないか確認します。

上記の例でもし、1ヶ月で¥188,287を支払っているとするならば

高額医療費制度の適用を受けられます。

 

以下制度のルールに当てはめて計算してみます。

年齢、収入によって違うのですが、一般サラリーマンの例でいきます。

③区分ウに該当しますので、

80,100円+(医療費-267,000)×1% の式に当てはめます。

計算方法はこちらが便利です。

ここでの注意は医療費というのは総医療費だという事です。上の表でいうと3割自己負担額になる前の、

¥627,624です。よって、

80,100+(627,624ー267,000)×0.01 =83706.24 ⬅︎これが自己負担限度額になります。

という事は、窓口で既に¥188,287支払っていますから、

188,287-83706.24=104,580.76

¥104,581が戻ってくる金額になります。実質¥83,706で治療を受けた事になります。

繰り返しますが、1ヶ月に支払った金額ですので、長い期間をかけてのトータルであればこの制度は該当しません。

該当しなかった場合でも、次の医療費控除へチャレンジできます。

 

医療費控除です。

まず、医療保険や生命保険に入っていると、保険金の支払いがあるので保険金分差し引く必要があります。

例) 医療費控除額20万円=医療費60万円-保険金30万円-10万円

この場合の医療費は、下記の経費を含む事ができます。

  • ・病院での診療費/治療費/入院費
  • ・医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用
  • ・治療に必要な松葉杖など、医療器具の購入費用
  • ・通院に必要な交通費 など・・・

私が仮に年間で¥188,287支払い、交通費¥2,000かかる通院を5回したとします。

(¥188,287 + ¥10,000)- ¥100,000 = ¥98,287が所得から差し引けます。

控除というのは、所得を下げ、翌年の税金が安くなるというものです。

具体的な治療費への試算を出来ないので、これ以上詳しくは割愛しますが、

要するに、形を変えて戻ってきます。

 

そう考えると、

保険の強みである「何かあった時の備え」にはいくら必要なのでしょうか?

上記の計算でいくと、年間自己負担は3割負担金額を割る事はあっても、超える事はなさそうです。

ごく単純に月割りしてみます。

¥188,287 / 12 = 15,690です。月に¥15,690支払えば、癌の治療が出来ます。

もちろん病状や治療法によって違うので、この限りではありません。

まず無いとは思いますが、この月額以上の保険を払っているとすれば論外です。

1年間で癌になった場合の治療費を保険会社に支払っていることになります。

めちゃくちゃ単純な計算ですが、この計算でも「今支払ってる保険料ってどうなの?」て考える材料になると思います。

 

なんか長くなるから、次回へ繋げる事にします。

 

次回は私の現在の病状から、癌になる確率を考えます。

 

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 病気ブログ B型肝炎へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
⬆︎愛のクリックで保険屋論破

 

 

 

 

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の二

ども。雇われ課長です。 前回の続きです。 私は少しずつ投資によって資産を形成しているわけですが、 お …

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の一

ども。雇われ課長です。 私はこれまで語ってきた通り、お金に対する執着心が強めの人間です。 しかしなが …

慢性B型肝炎
B型慢性肝炎患者から見る恋愛問題

ども。雇われ課長です。 私のブログは普段どんな方が見てくれているのでしょうか? 課長、病気、投資を柱 …