”怠け者でも続く”雇われ課長の家計簿作り3ー変動支出ー

ファイナンシャルプランニング

ども。雇われ課長です。

今回は前回予算組みした「固定支出」から余った分の管理を考えます。

 

③変動支出を算出して、日々打ち込む表を作る。

前回作った固定支出にさらに「変動支出」を加えました。

この表には数式が入ってまして、

収入表の合計から(この場合だと¥250,000)ー固定支出の合計(この場合だと¥230,000)が変動支出になります。

この変動支出が、表中にある通り「お小遣い」になります

月間で考えて自由に使って良いお金です。

 

さらに下記のような月間の表を作ります。

日ごとのカレンダーを作って、使った日だけ金額と内容を打ち込んでいきます。

固定費は目標値、平均値で計上済みですから、ここに打ち込むのは、

娯楽、趣味、緊急出費のみです。(固定費に該当しないもの)

使った際に記憶に残りやすいので、打ち込み作業も忘れないのではないでしょうか?

一番下のセル(残り)は変動支出の残金(お小遣いはあといくら使える?)です。

この表の例ですと、月初の数字は¥20,000になっています。

 

ここから自己管理が始まります。財布の紐の調整です。

当然打ち込みをすればするほど、残金は減っていきます。

ここが0を割って、マイナスに落ちると資産が減る事を意味します。

今まで何も考えずに使っていた私は、この方式を採用することによって、

今月前半でお金使いすぎたな・・・今の生活水準をキープしつつ将来のために貯金や積立投資するのであれば、

今月はもう使わない方が良いな。欲しかった物あったけど、来月に繰り越そう!

という意識になりました。

これも立派な家計管理だと思っています。

 

これで支出が完全に可視化されました。

日々生活していく為に必要な固定支出と、残ったお小遣いである変動支出を分けました。

初めに表を作って、固定費を算出するという手間は正直避けられませんが、初めだけです

日々の忘れがちな支出の記録は、ぐっとハードルが下がります。

怠け者の私でも、この方法であれば、思い出した時にまとめて打ち込み出来るため続けられています。

変動支出は日付で分けていますが、重要なのは内容です。

何にお小遣いを使っているかが、後々家計を見直す際に分かりやすくなります。

 

次回は、これまで作ってきた表をトータルで見て、家計のどこに無駄があり、どこを見直すべきか?

というのを考えてみます。

 

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
⬆︎愛のクリックでお小遣いいっぱい☆

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の二

ども。雇われ課長です。 前回の続きです。 私は少しずつ投資によって資産を形成しているわけですが、 お …

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の一

ども。雇われ課長です。 私はこれまで語ってきた通り、お金に対する執着心が強めの人間です。 しかしなが …

ファイナンシャルプランニング
セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 2ー

ども。雇われ課長です。 前回に引き続き、「医療保険」について考えます。 繰り返しになりますが、私は現 …