雇われ課長がタイムマネジメントの重要性を説く②無駄を省く

  • By:
  • カテゴリー: 課長
課長

前回の続きです。
雇われ課長がタイムマネジメントの重要性を説く①優先順位の設定

前回は仕事への優先順位を設定するべきという内容でした。

今回は
無駄を省く
という内容を徹底的に無駄を省いた文で書いてみます。

これからの風潮
①ブラックな労働環境は社会悪。ただちに是正が必要。
②少子化の影響で、労働人口が減る中、企業は若い労働力の確保に必死

であれば、

これまでの風潮
①一人前になるのに掛かる時間
②技術が発達しておらず、自然と増える手間
③長く働く事の美学
④仕事は気合みたいな体育会系の雰囲気

を全て捨てるべきです。

①は先人の知恵をITを使って共有すれば解決です。
③と④はそれで苦労した「おじさん、おばさん」が目覚めれば解決です。

一番難しいのは②だと思います。
それは「会計監査」の仕組みが古臭いからです。
結局「紙」と「印鑑」に頼っているうちは無駄を省くのは不可能です。
タイムマネジメントが出来ても、最後に残るのはコレです。
会社がいくら頑張っても、コレが変わらなければ同じです。

国は「働き方改革」とか言いながら、この諸悪の根源に気付いてないんでしょうね。
いつまで印鑑とか使わせるんでしょうね?この国は・・・
いや他の国のことは知らんけど・・・

当社比の倍のスピードで新人を進化させ、上記の余計な行動を省けば
同じ時間で処理できる仕事量は2倍です。
一人一人が2倍の仕事量をこなせば、全体は何倍にもなります。
前回書いた後回しで良い仕事は、技術を駆使して無駄を省く事で無くしてしまえば良いと思います。

ビジネスモデルを変えない限り、人が減っても対応できる効率の良い会社を目指すしか道は無いです。

個人で出来る事は「タイムマネジメント」です。

目覚めよ「おじさん、おばさん」
雇われ課長はもう目覚めましたよ!

お疲れ様でした。

課長
「口ほどにもない」は損

ども。雇われ課長です。 サラリーマン生活を通じて、沢山の人間と出会ってきました、 人それぞれなので、 …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …

課長
雇われ課長の結論。サラリーマンに人脈は不要。

ども。雇われ課長です。 本日はサラリーマンの人脈について考えてみました。 雇われ課長的な結論から言う …