広瀬隆雄パイセンの米国株勉強会ノート

  • By:
  • カテゴリー: 投資
投資

ども。雇われ課長です。

先日の楽天証券の「広瀬隆雄パイセンの米国株勉強会」で学んだ内容を、

素人っぽくノートとってみました。あくまで私の理解なので間違っていたらスミマセン。

テーマは「FOMC後の2019年の米国経済と株式相場の見通し」でした。

 

アメリカには日本でいう中央銀行的な立場にあるFRB(米連邦準備銀行)という機関があり、

景気の動向をじーっくり見ながら、銀行同士がお金を貸す際の金利を定期的に決める会議を行います。

この金利をFF金利(フェデラルファンドレート)や政策金利と言ったりします。

会議の名前はFOMC(連邦公開市場委員会)といいます。

そのFOMCの会議議事録は相場への影響が大きく、為替は大きく動くことで、FXでは雇用統計に並ぶ重大指標の位置付けとなっています。

 

リーマンショック後しばらくゼロ金利でしたが、FRBは景気が回復したのを見計らって、利上げを再開しました。

ここ数年は年に数回の利上げを行なっています。

今回のFOMCでは、ここ最近の米国株相場が不安定になってきている流れの中で、機関投資家や市場関係者からすると、

利上げを一旦打ち切るのでは?

と予想されていたわけです。それが公表された議事録によると

『うーん。もう少し利上げしますわ。』

だっだわけです。これがネガティブなサプライズでした。

この判断はタカ派だと言われています。タカ派とは強硬姿勢みたいな事です。(逆はハト派)

でもこの判断は市場との感覚に差がありました。

『は?まじか!?利上げすんの?やばくね?』

という反応が、相場の下落へ繋がりました。

 

アメリカが利上げを行うタイミングは、先の見通しが好景気の時です。

利上げによってインフレを抑える目的があるからです。

市場的には好景気になると思ってないのに上げちゃダメっしょ?となったんだと思います。

市場は先の見通しを好景気とは見てません。ではいつか不景気が始まるのでしょうか?

明確な時期が分かれば苦労しません。

ただ、過去の経験からして、

もう少し時間はあるけど、あと少しでヤバイよ!というアラームが鳴り出したと言える状況

だという事です。そのアラームと言える警告が、イールドカーブのフラット化という現象です。

ここから先はHiroパイセンのブログをどーぞ。

>>>逆イールドがリセッション入りを示唆する理由

以下引用

イールドカーブがフラット化し、最終的に逆イールド(長期債の方が利回りが低い状態)になると、その後リセッション入りする可能性が高まります。

でもなんで逆イールドになるとまずいの?という部分に関して、

広瀬隆雄パイセンが分かりやすく教えてくれました。

 

まず銀行が借りる際の金利は短期金利です。企業に貸す際の金利は長期金利です。

長期金利は銀行にとって運用金利のため、長短金利差は銀行の儲けとなります。

今まで長期金利の方が上回っていたので、銀行は企業に貸し付ける事で、金利差分儲ける事が出来ました。

イールドカーブのフラット化は銀行にとって運用リターンが「ゼロ」になるという事です。

銀行は儲からなくなります。

資金調達コストの方が高いわけですから。当然「儲けもしないのに金貨せるか!」となります。

そして企業へ融資しなくなる流れになります。

結果的に実体経済に金が回らなくなり、景気後退(リセッション)の流れになります。

 

現状のイールドカーブのフラット化は、まだ銀行にとっての運用リターンは「マイナス」では無いけど、

過去の経験則から考えるとヤバイよね。の状態です。

ここから短期金利と短期国債利回り、長期金利と長期国債利回りと同じという考えで進めます。

以下のグラフが奥行きの手前から短期国債利回り→長期国債利回りで表した推移です。

丸印は過去の景気後退前の兆候です。

若干めくれ上がっているのが分かるでしょうか?(通称パンチラらしいです 笑)

米国短期債の方が、長期債より利回りが高い状態「逆イールド」です。

長期債は景気を見通す市場の心理と言えるので、

長期債利回りが上向かないまま、短期債利回りが上回るとパンチラします。ひゃっほい。

2018年付近を見ていただくと、まだパンチラは出ていません。

フラット化にはなっているが、まだ時間があるという事ですね。

来年の大統領選挙に勝つために新たな策を打ち、株価が上昇する可能性はあります。

しかしこの不安定な相場がいつまで続くのかは分かりません。

 

何れにせよ現金比率の見直しや、分散投資によるリスク回避を真剣に考えるべき時だと思います。

数字や表は過去の事例を挙げているだけなので、確実なところは分かりませんので、判断は自己責任で。

 

今回も勉強になりました。

 

楽天証券口座を開設している方は、定期的に無料で参加出来ますのでオススメですよ。

 

お疲れ様でした。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
愛のクリックお願いします!

投資
とある記事を読んで「自己責任」という言葉の重みを考える。

ども。雇われ課長です。 先日こんな記事を読みました。 投資という行為が、また危ない行為、ギャンブルと …

投資
ウェルスナビのロボット兄貴の運用成績を公開します。2019年2月

ども。雇われ課長です。 前にウェルスナビの話題について触れましたが、 今回私のウェルスナビのロボアド …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …