セルフファイナンシャルプランニング 其の一

ファイナンシャルプランニング

お金持ちになるには
「収入を最大化し、支出を最小化する」という基本原則があります。
私は金をだらしなく使うタイプだったので、
投資を始めたのと同時に支出の最小化を目指し、見直しを行いました。

家族構成や収入により変わる問題なので、
あくまで一例です。30代独身一人暮らしの例です。
考え方の参考にでもなればと思います。
私の考え方は、

妥協出来る事と出来ない事をハッキリする作業からだと思いました。

ケチケチ生活みたいなのをやって楽しければ構いませんが、人は我慢すると長続きしません。

何年も続けられ、かつ自分なりの幸福メーターを保つ事が必要です。
そのメーターを保てる最低ラインを実現するのが「家計管理」といえます。

私は、「衣食住」のうち

「住」だけは妥協出来ません。

要するに住む家には妥協したり、ケチりたくないと思っています。
今の家は駅から徒歩5分圏内で、広さ清潔感ともに不満ゼロの物件です。
ここは死守しようと思いました。

でも「衣」「食」に関しては、
元々無頓着で、こだわりがありません。

なのでここに手入れをすることにしました。

◆衣に関して

高い服と安い服で何が違うのか?

・使っている生地が良い ➡︎ 見た目で分からん

・ステータス、周りから見た何か ➡︎ 高い服着てる事でのメリットなし。服でモテる年齢でもない。

・デザインが良い ➡︎絶対飽きる。組み合わせの応用がきかない。

・自分への鼓舞、精神的な何か ➡︎逆に邪魔

結論 ➡︎ 金かける価値無し。ユニクロ最高!

 

◆食に関して

高い食事と安い食事で何が違うのか?

・使っている素材が良い ➡︎ 味音痴

・ステータス、周りから見た何か ➡︎ しょーもない。要らん

・無添加、国産、栄養 ➡︎ 大丈夫。そうそう死なん

・自分への鼓舞、精神的な何か ➡︎ たまーにステーキ食うから満足

結論 ➡︎ 金かける価値なし。納豆最高!

という事で、月の出費を抑えるには衣料品と、食費を抑える事に取り組む事にしました

 

まずは衣料品

GUとユニクロ、近所の安い衣料品店に絞り、年間5万以内を目指します。
月の予算は約¥4000です。いけるでしょ!
安物を買い「清潔感」だけは保ちます。

そして食費

栄養が優れているものは安いです。
私は割とマジで「味噌汁」「納豆」食ってれば死なないと教育された人間です。
夕食は家で健康的なものを食べることを心がけ、たまにうまいもん食いに行くスタイルに変えました。
1日の食費は¥1200に抑えるのが目標です。(1ヶ月30日だとして¥36,000です)

 

この例と判断が良いか悪いかではありません。

今まで何も考えていなかったのを反省し、
「月にいくらかかっているのだろう?」
「1万円削減するにはどうしたら良いんだろう?」
「なぜ衣類に5万もかかるのだろう?」と
考える事に価値があります。

私は改めて計算した時、自分の出費の大きさにビックリしました。
思っているのと実際は違います。
何もしなければ何も変わりません。

かつストレス無く続けられる事を考える事で、簡単に結果に繋がります。

前回同様 家族構成や収入により変わる問題なので、
あくまで一例です。考え方の参考にでもなればと思います。

お疲れ様でした。

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の二

ども。雇われ課長です。 前回の続きです。 私は少しずつ投資によって資産を形成しているわけですが、 お …

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の一

ども。雇われ課長です。 私はこれまで語ってきた通り、お金に対する執着心が強めの人間です。 しかしなが …

ファイナンシャルプランニング
セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 2ー

ども。雇われ課長です。 前回に引き続き、「医療保険」について考えます。 繰り返しになりますが、私は現 …