雇われ課長の「後出し」商品企画会議 1

その他

私は昔から「こんな商品やサービスがあったら良いのになあ」と思った物があると、
書き留める癖のある人間です。

でも商品化となると、話がいきなりシビアになり、行動には至りません。
世の中には、ほんの一部の人々に需要のある商品もたくさんあり、
それを実現したことにより、特許で大金を手にする人もいると聞きます。
自分が出したアイデアはメモをしてとっておくのですが、
稀に「もうすでにあった」とか「数ヶ月後に商品が発売された」とかいうのもあります。

今回は
そんな昔思い浮かべていた、「こんなのあったら良いのになあ」な商品で、
既に実現しているものを紹介してみようと思います。
あえての「後出し」です。

◆思い描いていた商品◆
電車アプリ「今どこ?」

電車の真ん中の座席で座っている時って、
今どの辺を走っているのか分からなくなるという経験ないですか?
電光掲示板は出口付近だし、目の前に人が立っていると全然見えません。
駅に着いた時、フクロウ並みに首を捻ってホームの駅名を確かめている光景見ません?笑

そこで考えたのが、GPSを使って、自分が今どの駅にいるのかが分かるアプリです。
アプリを開くとグーグルマップ連動で現在地を確定。
駅名をバーンと出すだけのアプリです。
簡単ですが需要あると思いました。

◯メリット
掲示板が見えなくても降りる駅の目安が分かる。
自分の降りたい駅の直前でアラームを鳴らす機能(ヘッドホン接続時のみ)を実装し
居眠りしても目的地で確実に降りられる。
目的駅検索と連動すれば、「あと5駅ですよ」とか、「12時着ですよ」とか
出すことも考えました。カーナビみたいなものですね。

✖️デメリット
GPSの場合は精度に難あり。特に地下鉄では電波が安定しておらず、GPS精度も4GよりWi-Fiの方が優れている。
時刻表が変わるとその都度対応が必要になる。

◆すでにあった商品◆

皆さまご存知「yahoo路線」というアプリが同等のサービスを提供していました。
このアプリは「〇〇駅」から「〇〇駅」までと入力すると、
「時刻表」に連動し、「この時間に出発していたら今ここですよ」という情報が分かるのです。

コレー!!

と思いました。
ましてやyahooがやっているという事で、勝ち目なし。
乗り換え案内と同時に使えるのでスキなしです。

私は電車に乗る時にこのアプリを毎回使います。
という事は、需要はあるし、見ている目線は間違っていないという事かなあと
ポジティブ病が発症しました。

デメリットは、思い描いていた商品と同じく、「精度」です。
時刻表通り動けば問題ないですが、遅延には対応していません。
今後4G電波でGPS連動して修正してくれたら「最強」です。笑
私が把握する限り「アラーム機能」もあったらと思います。

とまあこんな感じの事を
昔はエクセルに書き込んでいたのですが、今はEvernoteを使って日付とともに残しています。

まだまだあるので、今後出しても良いアイデアを放出していこうかと思います。

あったら是非自分が使いたいものなんで、誰かが実現してくれるのを期待して・・・

お疲れ様でした。

投資
とある記事を読んで「自己責任」という言葉の重みを考える。

ども。雇われ課長です。 先日こんな記事を読みました。 投資という行為が、また危ない行為、ギャンブルと …

投資
ウェルスナビのロボット兄貴の運用成績を公開します。2019年2月

ども。雇われ課長です。 前にウェルスナビの話題について触れましたが、 今回私のウェルスナビのロボアド …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …