確定拠出年金運用に関する注意点(ポートフォリオの変更)

  • By:
  • カテゴリー: 投資
投資

ども。雇われ課長です。

前回ご紹介した、雇われ課長の「確定拠出年金」のポートフォリオを公開します。に関する補足です。

運用されている方は、スイッチングを行なった事ありますか?

スイッチングとは配分変更のことです。

配分とはポートフォリオのことです。

ポートフォリオとは異なるリターンとリスクを持ついくつかの資産の組み合わせのことです。

リターンとリスクとは・・・・

うん。終わらない。進む。

 

積み立て開始時に自分のポートフォリオを決めたと思います。

例えば現在、新興国株50%、日本債券50%だったとします。

これを仮に米国株50%、日本株50%に変更するとします。

その際はJIS&Tのサイトで行う事が出来ます。(金融機関のHPでは変更出来ません。こっちが胴元っぽいです)

 

具体的な操作は画面を進めてもらえば分かると思いますが、

今回その際の注意点になります。①と②の違いを理解しておく必要があります。

①の商品配分変更は毎月買い付ける銘柄の設定です。

ここで設定する割合で月一の買い付けを行います。

②のスイッチングは今持っている銘柄を変更する設定です。

ここで今持っている銘柄を売却し、戻ってきた現金で他の銘柄の買付を行う事が出来ます。

 

例に当てはめてみます。

まずは②で新興国株の50%分と日本債券50%を売却します。

売却と同時に買付銘柄を指定するのがスイッチングです。

この例の場合、割合が同じなので、売却した分全てを次の買付銘柄に割り当てます。

新興国株50%米国株50%日本債券50%日本株50%みたいな感じです。

HPを見る限り各銘柄で別々に行う必要がありそうです。

(売却は口数での指定ですし、割合まで変えようとすると面倒くさそうなので、50%→50%の例にしましたが、実際は自由に変えられます。しかし、②で何%売却みたいな指定は出来ないので、基本全部売って、新しいのを全部買うという理解で良いと思います。)

これで売却と買付に多少時間が掛かりますが、現在のポートフォリオは変更完了です。

 

しかしここで終わってはダメです。(私はこれを忘れて失敗しました)

①の商品配分変更を行ってください。

②で行った作業は、あくまで「今のポートフォリオ」に対する変更です。

次の月に買い付ける商品は①で別途行う必要があります。

こちらで改めて米国株50%、日本株50%と設定してください。

①の作業を忘れると、次月前の配分のまま買付けてしまうので、

新興国株(買付分50%)、日本債券(買付分50%)、米国株、日本株のごちゃまぜポートフォリオになってしまいます。

仮に間違ってしまったら、上記アンダーラインに対して②を行う必要があります。

 

ポートフォリオを変更する際は、上記のように

②今までの商品配分と①これからの買付配分の設定を同時に行う事をお勧めします。

 

 

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
⬆︎愛のクリックお願いします。

 

 

投資
とある記事を読んで「自己責任」という言葉の重みを考える。

ども。雇われ課長です。 先日こんな記事を読みました。 投資という行為が、また危ない行為、ギャンブルと …

投資
ウェルスナビのロボット兄貴の運用成績を公開します。2019年2月

ども。雇われ課長です。 前にウェルスナビの話題について触れましたが、 今回私のウェルスナビのロボアド …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …