長期投資、短期投資の基準(自分ルール)を確定しました。

  • By:
  • カテゴリー: 投資
投資

ども。「バフェット太郎」パイセンのおかげでページビューが激増してビビりたおしている
雇われ課長です。

投資村の田舎者がこっそり町さ出てきた感覚です。笑
そんな大した事書けませんから、期待せず「ゆるっと」見てくださいな。

投資をする中で分かった事があります。

ルールを実行する上では重要な事です。

投資は長期投資、短期投資に分かれます。

自分が投資を実践する上で、「これは長期投資したい!」「これは短期投資で!」

と判断した基準は何なのかを考えてみました。

 

短期投資は、短い期間の売買で、利益を稼ぐ方法です。

投資対象企業が一定期間に稼いだ売上が特に優れていたり、ヒット商品を生み出したり、不採算事業を売却したり、

色々な要素が材料となって「株を買う」「株を売る」という行動に至ります。

買ってから売るまでの期間が当然短いですし、売るタイミングが適切であれば稼げます。

投資する金額が大きければそれだけのリターンも期待出来ます。

 

長期投資はどうでしょうか?

多くの日本人は、投資というと前述したような「短期投資」の特性を思い浮かべるのではないでしょうか?

私が思う長期投資とは、

企業の将来性と還元に期待出来る銘柄に「積立」で資金投下出来る銘柄に投資する事だと思っています。

しかも感情無く「機械的」にです。毎月末「業務」をこなすように買い付けを行っています。

私が買付けを管理している表の一部です。

 

私も始めは短期投資のイメージで始めたので、日本の個別株を買っていたのですが、

一度買って一定期間で儲けられたとしても、

「自信満々で積み立て投資」出来た銘柄は一つとしてありませんでした。

結果全て売却しました。

しかし「P&G」や「コカコーラ」は安心して積立が出来きます。

それはしっかりとした連続配当と、強固なブランドに安定性を感じるからです。

これらの企業に共通して言えるのは、儲けた利益を株主にしっかり還元している事です。

株主として受けるべき恩恵を受け続ければ、「経営者」と「株主」の関係は良好に保てます。

という事は、これらの企業の競合他社は「潰す為には、相当な苦労と時間がかかる」ということになります。

 

私は毎月末「注文する」ボタンを押すとき、自信満々です。というか最近は無感情です。笑

その自信は、「株価」だけでなく、株価が落ち込んだ時でも「配当」を出し続けてくれるから少し不安が和らぐ。

という精神的な安定性にあり、

ネットを通じた「機械的」な関係でも、「株主」として「経営者」と良好な関係を築けているのだと思います。

個人株主は企業の利益に関係する「自益権」というのを持っています。

>>引用
ホームメイト・リサーチ・カブガイド

  • 利益配当請求権:利益の分配(配当)を受ける権利
  • 残余財産分配請求権:企業が解散する際に財産が余った場合に分配を受ける権利
  • 新株発行差止請求権:株主が不利益を受けるおそれがある場合、新株発行の差し止めを請求できる権利
  • 新株引受権:株式会社が発行する新株を他者に優先して引き受ける権利
  • 株式買取請求権:合併や会社分割、事業譲渡など利益に重大な関係がある議決が決定した場合に、これに反対する株主が株式会社に対して自分が保有する株式の買い取りを求めることができる権利
  • 名義書換請求権:株式名簿の名義書換を請求できる権利

個人的な感覚では、むしろ株主は「配当」を支払わない会社に疑問を持っても良いのでは?

払わないにしても、何かでお返ししてほしいです。

いやでも「優待」とか要らん。クソ要らん。

 

という事で、話ずれましたが

自分が投資する上で、「これは長期投資したい!」「これは短期投資で!」と判断する基準は

機械的に積立出来るのであれば長期投資であり、機械的に積立が出来ないのであれば短期投資と結論付けました。

強気相場が終焉に近づき景気後退(リセッション)の影が近づきつつあります。

毎月末の投資も今まで以上の自信が必要です。

このルールを守り、自信を持って、機械的に、今後もしっかり積み立て続けたいと思います。

ただ景気後退でも利益を得られる方法は考え続けます。積立はしませんが・・・

 

お疲れ様でした。

投資
とある記事を読んで「自己責任」という言葉の重みを考える。

ども。雇われ課長です。 先日こんな記事を読みました。 投資という行為が、また危ない行為、ギャンブルと …

投資
ウェルスナビのロボット兄貴の運用成績を公開します。2019年2月

ども。雇われ課長です。 前にウェルスナビの話題について触れましたが、 今回私のウェルスナビのロボアド …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …