雇われ課長がFP2級取った記念に出来る事と出来ない事を考えてみた。

ファイナンシャルプランニング

FP(ファイナンシャルプランナー)って何が出来るの?

雇われ課長は、どちらかというと元々好きだった投資知識を何か形に変えられないかなあ
と思ったところからFPを知りました。
せっかく取得したので、再認識をする為にもまとめてみました。

試験を受ける上でも、一番最初に出る問題です。
でも試験対策ページではございませんので、
試験にただ受かりたい方は見る必要なしです。

出来ること
・税法の解説
・保険の相談
・保険の保証見直し、必要保障額の計算
・新聞や雑誌など購入可能な文章での投資の助言
・一般的な情報や株価等の紹介
・法令、判決、統計資料の転載

・上記できる事を利用して
顧客のライフプランにおける経済的な側面で手段を考える。
手段を提案し、了承を得た上で運用の手伝い、修正を行う。

✖️出来ないこと
・個別具体的な税務相談や税務書類の作成(税理士じゃないから)
・法律相談(弁護士じゃないから)
・保険の募集(保険募集資格がないから)
・投資助言(金融商品取引者じゃないから)
・一任を受けた投資運用(金融商品取引者じゃないから)
・他人の著作物やホームページを私的利用以外で利用

とのことです。

要するに幅広い知識は持っているけど、
それを利用して顧客のやるべき事に手は出すな。
「サポート」とか「アドバイス」程度にしとけって事ですね。
※試験では「任意後見人」になれない→❌FPに限らずなれるよ。などの引っ掛け問題があります。

FPの守るべきモラルは
顧客の利益を優先し(顧客利益)
情報を守り(守秘義務)
リスクやデメリットの説明をしっかりする(説明責任)
です。

最終的な判断は顧客自身になるし、
相談する事を機会に、自分自身が学び考える事が重要だと思います。

逆にいうと、

儲かる投資商品を「資産運用になるから」と勧めてきたり、
税務、法律相談に乗ってしまうようなFPは
「詐欺」だと思ってください。

 

お疲れ様でした。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の二

ども。雇われ課長です。 前回の続きです。 私は少しずつ投資によって資産を形成しているわけですが、 お …

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の一

ども。雇われ課長です。 私はこれまで語ってきた通り、お金に対する執着心が強めの人間です。 しかしなが …

ファイナンシャルプランニング
セルフファイナンシャルプランニング 其の三 ー保険 2ー

ども。雇われ課長です。 前回に引き続き、「医療保険」について考えます。 繰り返しになりますが、私は現 …