雇われ課長の働き方改革

人生

働き方改革について

雇われ的「働き方改革」の解釈を書いて見ました。
これは私の偏った考え方なので、共感が欲しいわけでも、議論したいわけでもありません。

「働き方改革」はそもそも、

「ストレスで死ぬとかありえんでしょ?どんだけ働かしてるの?
残業代とか賃金の問題でなく、そもそも労働者が幸せに生きる為に
社会一体となって仕事のやり方を変えて行こうよ。」

という解釈です。

企業はそもそも何を目的としているのでしょうか。
多分大半はビジネスを成功させて、会社を大きく成長させたい!
のではないでしょうか?

戦後の日本の高度経済成長は、テクノロジーとは縁遠い環境の中で、
労働者がやる気フルパワーで頑張ってきた成果です。
悪く言うと
「今では遠回りなことを5倍量こなすことで成長してきた」
と言えます。
ただその5倍量の努力で、今の便利な世の中があるわけです。

成長は努力だったんです。今までは。
これから国が目指すものは成長なのでしょうか?
成長には期待しておらず、
「成熟と安定」
を目的としているように感じます。

AIやビッグデータの活用で、より効率化は可能です。
しかし成長するというよりは、高齢化社会で労働生産人口が減る中で、
テクノロジーを利用して効率化、無人化を行い、
減りゆく労働人口の負担を和らげることしか出来ません。
結論ある程度まで社会を安定させ今の状態を保つ
「成熟と安定」
です。

その中で、同時に行うのが「働き方改革」です。
これを「成熟と安定」する前の日本で無理やりやろうとしています。
まだ人の働きは必要です。今の日本の企業は末端(俺ら)が無理しているから
成り立っています。

ロボットが介護?
自動運転?
AIで役所の仕事が奪われる?

それ実現するのいつですかね?
「働き方改革」はもう始まってますよ?
世の中の流れだからと企業は受け入れ、ブラック企業の社名公表にパニクって、
技術の変化を待たずに「生産性を上げろ!」言ってきてますよ?
ご立派な経営者様達が必死こいて 笑
でも生産性上げるには技術の発展が不可欠です。
俺らが努力しても変わらないです。
なので、

AIさん早く来てええええー
印鑑押して印刷して回す書類今すぐ無くしてええええー

分かってもらえますよね?
働き方改革には「技術の発展分の時間」が必要なんですよ。
企業の目指すもの国の目指すものがそもそも噛み合ってない!

あ、ちなみに
「働き方改革」に私は賛成です。
残業嫌いだから。テヘ

だから別に衰退しようが、なんだろうが知ったこっちゃありません。
この流れに無理やり乗っかり、
売上が下がって収入が減るところまで予想しています。
その分増える自分の時間で、収入源を必死で探すことを目標とすれば良いと思っています。

でも私みたいな考えを持つ若者が増殖した時、企業は成り立つのでしょうか?

お疲れ様でした。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

課長
「口ほどにもない」は損

ども。雇われ課長です。 サラリーマン生活を通じて、沢山の人間と出会ってきました、 人それぞれなので、 …

投資
リーマン目線で考える「レオパレス施工不良問題」

ども。雇われ課長です。 レオパレス騒がれてますね。 自社の利益を確保する為、法令遵守しない事のリスク …

ファイナンシャルプランニング
金は使う為のもの。「お金持ち」に成りたいのではない。其の二

ども。雇われ課長です。 前回の続きです。 私は少しずつ投資によって資産を形成しているわけですが、 お …